[DFE-061] 娘に喰わせてもらってます。 野々宮あめ をご覧ください。「コ 。今日も客から謝礼を 。「店に客来ねえんな ために心を殺し、時間 り、奪い、事のついで でも何かの頼りに…と そんなママが大事にし れた、大好きなママ。 しかねえだろ」 そう 」 汗ばんだ手で私に が過ぎるのをただ耐え の価格保証」対象商品 ているお店がコロナ禍 ズ過ぎる大人たちに利 相談したら返ってきた て、こんなクズオヤジ で経営難に陥っていた いかぶさった。家族の

DOWNLOAD [Main server]
            

DOWNLOAD [Reserve server] - click to view
                  


[DFE-061] 娘に喰わせてもらってます。 野々宮あめ
商品発売日 – 2022/06/03
メーカー –
シリーズ – DFE-061
出演者 – 野々宮あめ,
収録時間 – 124分分

クズ親父と孝行娘――。「店に客来ねえんなら、お前がヤッて稼ぐしかねえだろ」 そう言って私に体を売ることを薦めたのは、数年ぶりに姿を現した父親だった。離婚して以来、金が無くなるたびにママに復縁を迫り、殴り、奪い、事のついでのように私を犯してまた出ていく……。女手ひとつで育ててくれた、優しい手で撫でてくれた、大好きなママ。そんなママが大事にしているお店がコロナ禍で経営難に陥っていた。「何とかするから」と笑いながらも日に日に顔色が悪くなっていくママを見るに見かねて、こんなクズオヤジでも何かの頼りに…と相談したら返ってきた答えがコレだった。バカな私には他にいい方法が思いつかなかった。今日も客から謝礼を受け取るとクズオヤジは「頑張れよ」と小躍りで部屋から出ていく。「かわいいねぇ、お名前、なんていうの?」 汗ばんだ手で私に触れてくるオジサンが、股間にじっとりとシミを作りながら私に覆いかぶさった。家族のために心を殺し、時間が過ぎるのをただ耐える少女が男の執拗な責めに屈したとき、喘ぎと嗚咽が溢れ出た。クズ過ぎる大人たちに利用される哀れな少女のおはなし。「予約商品の価格保証」対象商品です。詳しくはこちらをご覧ください。「コンビニ受取」対象商品です。詳しくはこちらをご覧ください。